香水のお話「ブルガリプールオム」

今回は、香水のお話です。

香水はお好きですか。
私は大好きです。

アクセサリーは全く持って身に着けませんが、香水は沢山持っており気分で香りを纏っています。

今日はそんな中から、ひとつ選んでご紹介致します。

ブルガリプールオム

誰もが知る名香「ブリガリ・プールオム」です。

とんでもなく流行りました。
街に出ればこの香りが鼻を掠めていったものです。

「付けている香水、ブルガリですか。」

と聞かれる程、ブルガリの香水の代名詞の様な不動の存在です。

調香師は「ジャック=キャヴァリエ」

イッセイミヤケが誇るオゾンノートの最高傑作「L’EAU D’ISSEY」(ロードゥイッセイ)を作り出したモンスターです。

彼の作品は香りがピラミッド構造では無く、スパイラル構造になっており、時間で香り全体が変化するのでは無く、香料が時間差で飛び出して来る構造だそうです。

よくわかりませんが、彼がすごい調香師だという事は確かです。

何せ、ブラバスしか知らないような田舎の中高生に、
香水をぶっ掛ける使うという認識を与えたのですから。

要するに、日本人の香水への敷居を下げた事がすごいです

さて、先述の様にブルガリプールオムは名香です。

香りのノートは、

トップノート:ベルガモット、ダージリンティー、オレンジフラワー、ブラックカラントフラワー、ウォーターリリー、ミュゲ

ミドルノート:トルコカルダモン、ペッパー、ローズウッド、アイリス、ガヤックウッド

ラストノート:ムスク、クリアアンバー

真っ先に印象に残るのはベルガモット。そこにちょこっとスパイシーなトルコカルダモンで最後はセクシーなムスク。

ニクいですよね。またこのカルダモンがワキガいい味を出してます。

品が良い香りから、垣間見えるワイルドさやセクシーさ。

ボトルもシャープで高級感があって良いです。

女性が付けても問題ない香りです。性別や年齢も問いません。万能香水です。

プライベートでショッピングに行くときとかに着けたいですね。
普段使いです。

ちなみに、ブルガリプールオムは何種類かあります。

・ブルガリプールオムエクストレーム

プールオムに持続性を持たせる為、シトラス系の香りをプラス。
甘さ控えめです。

・ブルガリプールオムソワール

最も大人っぽい香りです。
アンバーやムスクを強めにし、ラストノートは甘く官能的。

いくつかのバージョンがあるので使い分けも出来ますね。

私は、ソワールを長く使っています。

現在キャヴァリエはルイヴィトンの専属調香師になっているようです。

スゴイ。