香水のお話「ロードゥイッセイプールオム」

香水のお話です。

今回の香水は、ロードゥイッセイプールオムです。

イッセイミヤケのロードゥ イッセイはご存じオゾンノートの最高傑作です。

ロードゥ イッセイの調香師は「ジャック=キャヴァリエ」です。

はいでましたキャヴァリエ。

そのロードゥ イッセイの男性バージョンです。

ロードゥイッセイという名前がついており、その男性用との事ですが、香りはオゾンノートっぽく無いです。香りは別物です。

トップ ユズ、コリアンダー、マンダリン 、サイプレス、セージ、バーベナ

ミドル / サフラン、ブルースイレン、ゼラニウム、ナツメグ、シナモン

ラスト / ムスク、アンバー、タバコビャクダン、ベチバー、シプリオル

香りは一言で、

ほろ苦いユズ

です。

ラストにタバコなどの男っぽい甘くくすんだ匂いが残ります。

しなやかな青年のイメージです。マスキュリンではありません。

人気も高く愛用されている方も多いのではないでしょうか。

柑橘系の香りで嫌がる方も少ないので使いやすいと思います。

容器もシンプルですね。無駄がない。

ただこの匂い飽きます。

私も学生の頃ヘビーローテーションで使用していました。

使い続けるうちに、なんだか喉が渇く香りになってきたのです。

多分量を多くつけ過ぎていたんでしょうね。

ユズの香りが強いので、つけ過ぎは要注意です。

どちらかと言うとプライベートのオフタイム向けの香水ですが、量さえ間違わなければ仕事にも使用できると思います。

ロードゥ イッセイプールオムも本当に沢山のバージョンが作られておりますが、私はこの最初のヴァージョンが一番だと思います。季節を問わず使える香水です。

一本持って置くと便利な香水なので、試香してみて気に入ったらご購入されても良いのではしょうか。

小さい容器で持って置くと使い勝手がいいですね。